TDRとディズニー、サンリオ、カワイイもの、スイーツ、海外旅行が大好きな ひたすら趣味の世界に生きる みほの日記
星野リゾート裏磐梯ホテル
2014年12月12日 (金) | 編集 |
もう1カ月も前になりますが星野リゾート裏磐梯ホテルへ行ってきました。
こちらのホテルの存在を知ったのは今年の初め・・・
旅行記書いてませんが母とスパリゾ-トハワイアンズへ行ったときに
同じバスに乗り合わせたおばさま方が
「ここ(東京駅の鍛冶橋駐車場)から星野リゾートへ行くバスも出てるのよ~」と
お話になってるのが聞こえて帰ってきてからさっそく検索!
おぉ、安いね~ということで、そのうち行こうということになりました。

春・夏と旅行やらフラのイベントやらいろいろ忙しかったので
秋になってから紅葉のシーズンが終わって料金が下がるのを待っての予約でしたが
料金が下がる=季節的にどうよ?って感じで・・・
ちょっと大変な珍道中となりました(^^;

では出発~!!
141202





裏磐梯までは約4時間半の旅。
途中、羽生と那須のサービスエリアで休憩をとりつつ現地へ向かいます。
車中からキレイだね~と紅葉を見ながら、でも山の上の方は雪だねと話してたら
あるトンネルを抜けたら雪景色!さらにもう一つトンネルを抜けるごとに雪深くなっていく~
141202_1

昨年の1月に台湾に行ったときに東京が雪で折り返しで乗るはずの飛行機が
飛んで来ないかも?というピンチに陥り(けっきょく遅れてきたけど)
今年の2月のハワイアンズの帰りは東京が数十年ぶりの大雪に見舞われて
東京駅から自宅まで数時間かけて(通常は30分くらい)帰宅したので
もう1~2月は旅行しない!と決めての11月の旅だったのにまた雪でした(^^;

裏磐梯が近付くにつれてさらに雪深く、そして山道だったため
予定より15分ほど遅れてホテルに到着です~
141202_2
こちらは数年前まで「裏磐梯猫魔ホテル」として営業していたそうで
その後、星野リゾートが買い取り営業を始めて現在に至るそうです。

そのためか、私の勝手な思い込みもあるけど
星野リゾート=高級旅館のイメージだったんだけど
こちらはホテルタイプで和室よりもベッドのお部屋が多く
そして何よりとってもリーズナブルなのであります!
私が利用したプランは30日以上前に予約する必要のある早割プランでしたが
東京駅からの往復送迎バス付、24時間ステイ(お部屋が24時間使えます)
1泊2食付でお一人様13000円なり~!
日帰りバスツアーより若干高いくらいのお値段だわねぇ。。。

ホテルのロビーにはこんなものがど~んと
141202_3
東北6県の銘木を集めて作ったオブジェだそうです。

そして気になるお部屋は・・・
141202_4
いちばん安いスタンダードなツインルームですが
ドアを開けた瞬間に「広~い!キレイ!!」と言ってしまったほど。

1階のお部屋だったので眺望は望めませんでしたが
(↓こんな感じ)
141202_5
上の階のお部屋なら桧原湖が見渡せたのかな?

テレビとライティングデスク
141202_6
デスクにはいろんなパンフレットが並んでました。
ホテル発のツアーもいろいろあって楽しそう!

ソファーとテーブル
141202_7

テーブルにはお茶菓子も♪
141202_8

お茶類は一通り用意されてました。
141202_9
冷蔵庫の中身は空っぽでしたがホテルの自販機や売店の
飲み物やアルコール類が普通のお値段だったので(500mlペットで160円だったかな?)
冷蔵庫は特に必要なしって感じでした。

洗面所
141202_10
こちらもお部屋同様、ドアを開けても第一声「わ~!キレイ!!」
日本に限らず海外のホテルもなんですが私的に水回りは最重要課題。
どんなにお部屋がきれいでも、どんなにグレードの高いホテルでも
水回りがイマイチなところは却下。2度と泊まりません。
(格安ツアーのアジア旅行とか必要以上に部屋にいたくないホテルとかあるもの)
逆にお手頃価格なホテルでもちょっとくらいお部屋が狭くても
水回りと立地(これも重要・笑)がOKなホテルは必ずリピします。

洗面所を挟んで左がお風呂
141202_11
こちらもキレイで清潔感あって◎
大浴場があるから使わなかったけど、夏場にさっと汗を流したい時とかいいかも。

右がトイレ
141202_12
至って普通ですがキレイなので合格で~す!

あと近くにスキー場があるからだと思いますがドアの横に
スキー板やボードを置くスペースがあるのも特徴的。
141202_13
海外からのゲストはここにスーツケースを置いてもいいのでは?
っていうか、逆の立場ならぜったい置くな私(笑)

何ら問題のないお部屋ですが強いて挙げればひとつ。
室内金庫(セイフティーボックス)がありません。
まぁ大浴場の脱衣所に貴重品用の小さい鍵付きロッカーがありましたし
お出かけの時に気になるようならフロントでも預ってくれるので
私はそんなに気にしませんでしたが、気になる人は気になるのかなぁ?

さて当初の予定ではホテル到着後、
向かいの物産館で軽くお昼を食べつつ五色沼の散策へ~だったんですが
雪深すぎてホテルから出れません・・・でもお腹は空いたということで
ホテル5階にあるレストラン蘭(あららぎ)へ。

見晴らしのいいお席へどうぞ~と案内してもらったんですが辺り一面雪景色(爆)
141202_14
141202_15

私は喜多方ラーメンを
141202_16

母上は鳥雑炊をいただきました。
141202_17
とっても美味しかったし、お値段も(ホテルにしては)お手頃だったので満腹満足。

食事のあとは同じ階にある展望ルームへ。
おそらくここ、猫魔ホテル時代のバンケットルームというか会議室?
141202_18
長椅子に1人でたたずんでるのがウチの母上です(笑)

窓の外には桧原湖が見渡せます。
141202_19
ここからだと雪景色もなかなかいいですね(^^)

室内にはインスタントですがセルフでコーヒーの用意もありました。
141202_20
温泉のあとにここで景色見ながらボケ~っとするのもいいかも?

このあと、どうする?お風呂行く??なんて話してたんだけど
朝早かったし(会社に行くより早く家出た)
長時間のバス旅は思ったより疲れたし(けっきょく5時間弱かかった)
それより何よりおなかいっぱいで眠い!ってことでしばしお昼寝タイムzzz ・・・
ちょっとのつもりがだいぶ寝てしまい気付いたら夕飯の時間まであと1時間(^^;
これからお風呂に行って夕飯だとバタバタしてしまいそうなので
そのままお部屋でダラダラして過ごしお楽しみの夕飯へ。

夕飯はチェックインの時に希望の時間を聞かれました。
たぶんビュッフェ台に列ができないようにの配慮かな?
30分おきの時間を言われたけど、やることないのでいちばん早い18時で予約~

お飲物のメニュー
141202_21
ビール2杯飲むなら飲み放題の方がお得ですよ~なお値段。

しかしお酒を飲まない母に食べる時はノンアルコールの私。
ごめんなさい、なにも注文しませんでした。。。お茶が無料だからそれで十分さ(笑)
でも周りを見たら、ちょっと軽くビールを1杯・・・とグラスで注文されてる方はいたけど
飲み放題なんてしてる人いるの?な状態でした。
このとき蕎麦フェアをやっていて蕎麦焼酎が無料でビュッフェ台にあったからかな?
よく見れば飲み放題の人もいたのかもしれないですけどね。

さてさてお料理ですがー
品数はそんなに多くないものの、和食中心でどれもお上品で美味しいお味でした!
母は今までいろんなところに泊まってビュッフェ食べたけど
ここがいちばん美味しいいかも?って言ってたし
私も個人的ランク不動の1位だったサンバレー那須を脅かすくらいの味だと思いました。
ただサンバレーに泊まったのが何年も前なので味を忘れてしまい、
比較ができないので同率1位にしとこ(笑)

私のチョイス第1弾
141202_22

やっぱり満腹になる前に、美味しくいただけるうちにガツンとくるお肉は食べておきましょう。
141202_23
もうこれね、ビュッフェのレベルじゃないでしょうってくらい柔らかくて美味しかった~
今までホテルだけでなく、いろんなところでビュッフェ食べたけど
間違いなくNO.1の美味しさ。お腹に余裕があったらもう1枚食べたかったくらい。

これもビュッフェにあるのめずらしい?な馬刺し。
141202_24
臭みもなく、普通に美味しかったです★

お寿司は2種類しかなかたけど、他にいろいろ食べたかったのでこれはこれで良し。
板さんがその場で握ってくれますよ~
141202_25

その他いろいろ盛り合わせてみました。
141202_26
天ぷらもその場で揚げた熱々サクサクのものがいただけます。

そして30分ごとに鐘が鳴るとポットパイの焼きあがった合図!
141202_27
141202_28
最初は列ができますが数はたくさんあるのでもらいっぱぐれることはありませんでした。

2回戦目は・・・写真撮り忘れた(^^;
打ちたてのお蕎麦とかイモ煮とか
イチゴ蒸しという名のウニとイクラののった海鮮茶碗蒸しをいただきました。
どれもこれも美味しかったな~

最後はデザートで〆
アイスはこんな風に盛り付けてくれました。
141202_29
リンゴとカスタードでちょっとアップルパイちっくなお味?

ケーキもいろいろ
141202_30
これまためずらしくマンゴーなんてありました。
おそらくフレッシュではなく缶詰だと思われますが・・・美味しかったから問題なし!

お腹いっぱいで満足した後は今度こそお風呂~
さすがにお風呂の写真は撮れないので
詳しい様子は公式サイトでどうぞ → http://www.urabandaihotel.jp/hotspring/
大きな内湯にそんなに広くないけど景色のいい露天風呂。
洗い場もたくさんあって時間にもよるだろうけど待つことなく使えました。
脱衣所が若干狭めかな?とは思ったけど、置き場所ないよ~ってほど狭いわけでもなく
ドライヤーも洗面台もバッティングすることなく使えたから◎ですね。
お食事に続き、お風呂にも大満足(^^)

そうそう、お風呂に行く時お部屋のスリッパ履いてきますよね?
あれって個々の下駄箱じゃないと違う人に履いていかれたりしてイヤなことありません??
こちらのホテルではお部屋のクローゼットに部屋番号の書いたクリップが置いてあるので
下駄箱が空いていない場合もこちらのクリップを挟んで置いておけば大丈夫です。
鍵付きの下駄箱は日帰り入浴の方のために空けておいてあげたいですものね。

お風呂の入り口横にリラクゼーション(マッサージ)ルームがあったんですが
皆さんけっこう利用してて「本日受付終了」の看板が・・・
そうか、夕方まで部屋で寝てるなら予約してマッサージくればよかったんだ~と
今さら気付いたけど後の祭り状態。うん、また来ることがあったら早めに予約しよう。

この後お部屋に戻ってだらだらしながら早めに就寝。
ホントよく寝るな~って感じですが、温泉入って温まるとよく寝れるんだもの(笑)
翌朝、いつも早起きの母は5時に起きてお風呂に行ってました。
私は6時に起床で朝風呂へ・・・
皆さん行動が同じようで私が行ったときはちょっと混んでました。

お風呂から戻って身支度整えたら朝ご飯~♪
ホント、食べて寝て時々お風呂の繰り返し(^^;
窓際のお席から見えた駐車場の様子・・・
141202_31
さらに雪深くなってましたxx

朝ご飯はこんな感じで盛り付けてみました。
141202_32
右下のは蕎麦粥。すご~く美味しかった!
あとパンが焼き立てで美味しくて・・・朝から炭水化物取り過ぎてしまったわ(笑)

毎朝、ロビーの横に地元の農家さん?八百屋さん?が
野菜や果物を売りに来ているそうでタイミングよく遭遇。
母は野菜を中心に、私はリンゴをお買い上げ♪
昨夜の夕食で「何だろうこれ?でも美味しい~」と食べてたお野菜は
会津産の「ポエム」というそうで他の地域では「アスパラ菜」とも呼ぶそうです。
買って帰っておひたしにしたら美味しかったですよ~(^^)

これといってやることもないし、お風呂ばっかり入ってもふやけそうなので
チェックアウトまでお部屋でテレビ見ながらのんびりしてました。
途中で売店にお土産買いにったり、雪の様子を見にちょこっと外に出てみたり・・・
141202_33
141202_34
チャレンジャーな方はフロントで長靴を借りて外に出かけてましたが
根性無しの私は写真を撮っただけで退散(笑)
敷地内には路線バスも入ってくるし、午前中のみのオプショナルツアーもあるので
活用すればいろいろ散策できるんですが雪を見ただけで戦線離脱の私は
のんびりした、というよりダラけに来たって感じでお時間終了でした(^^;

チェックアウトからバスの出発まで1時間あったんですが
何もすることないのでロビーで座ってボケ~っと・・・
ま、東京までバスでお帰りになる皆さんほとんど同じ状態でしたが。
また思い出したように雪を見に行ってみたり・・・
141202_35
数時間前より確実に雪深くなってる!

誰かが作ってた雪だるまの写真を撮ろうと3歩ほど歩いてみましたが
足首まで埋まる、転びかける、で早々に退散。
141202_36
↑せっかくなのでズームで撮りました(笑)

寒い!寒い!っとロビーに戻って何か飲もう~と自販機に買いに行ったら
冷たいお飲物しかありませんでした・・・売店でも冷たいものしかなくて・・・
ホテルで唯一不満だったのはこれくらいかなぁ?
もしかしたら時期的に暖かい飲み物がなかっただけかもしれないけど。

時間通りにバスが出発し、行きと同じく那須と羽生のサービスエリアに寄って
ちょっと渋滞に巻き込まれつつ、無事に東京駅に到着~
雪で不完全燃焼気味でしたが、楽しく美味しい旅でした。
ホテルはとっても気に行ったので雪のない時期にリベンジに行きたいと思います♪
あと他の星野リゾートにも泊まってみたくなりました(^^)
次は熱海のリゾナーレか伊東のアンジンを狙ってます♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する